-shared-img-thumb-BIS151026313517_TP_V


紅白とかガキ使、格闘技…年末特番見ている暇があったら私は映画を見ます。

面白い作品を書くために残された時間はそう多くありません!


なんていってみましたが、せっかく「Fire TV Stick 」(アマゾンプライムビデオ)を導入したので活用したいだけなんですけどね。

でも過去の名作は本当に勉強になります。 無料で見られるの限定で紹介していきます。

きっと、うまくいく

 
ずーっと見たくて、でもうちの近所だとレンタルもされてないし…でなかなか機会のなかった作品。
正直、これが見たくてプライム会員になった感もある。

コメディなんだけど、感動もできるし爽快感もある良作で、ちょっと強引に例えるならインド版「ズッコケ三人組」。
3時間あって長いんだけど、その価値はある。

アンコール!!

 
病気の妻、人とイマイチうまく付き合えない夫。そんな彼を「歌」が変える…って結構ベタといえばベタな展開が続くのだけど、夫婦のシーンが秀逸。一人じゃなくて誰かと見たい。

こうした作品で感動、というか色々思うようになったのも、年齢を重ねた証拠だろうな。しかし、作品のよさがわかるなら歓迎すべきことだなと思う。

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル


何も考えずに、といっちゃいけないけど、派手なアクションシーンの連続で文句なしに楽しめる娯楽作品。

シリーズものなのに、マンネリになったりつまらなくなったり、というのがない。これにはきっと何か秘密があるはずなので、大いに参考にすべきでしょう。

映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん



名作が多いことでおなじみの「映画クレヨンしんちゃん」。全作無料で見られるって何をしたんだアマゾン。 

この作品は脚本が中島かずきさんというだけで、面白さが担保されているようなもの。それゆえにハードルも高くなりがちだと思うんですが、当然それを越えてくるわけで。

ここで「野原ひろし」を主役にもってきて、なおかつ「ひろし不在の野原家」を描きながら、実はSF設定を利用しての「野原ひろしの死」を描いている。

普通の家族、普通のサラリーマンが主役だからこそ感動できる名作。全サラリーマン必見。


最後に
あーガキ使おもしろー