CbGSzAxUsAAcx98
(c)田中圭一 Gのサムライぬりえ


小池一夫先生の「劇画村塾」出身で、漫画家の田中圭一先生がギャグ漫画家のネットを活用した活動について語らっていました。

ストーリー漫画だと同じやり方は変えなきゃいけないと思いますが、それでもショートギャグや4コマにおいてはとても有効な方法だと思います。 


ネームを書くよりツイッターに新作をアップしたほうがいい

「名前が知られているギャグ漫画家さんは」という条件付きではあるものの、手っ取り早く単行本化するための方法論ですね。

ツイッターで拡散された話題になったのがキッカケで連載になったり、単行本化される作品は体感として結構ある気がします。

最近で印象的だったのは、横山了一先生の「息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました。」でしょうか。すごい勢いで拡散されていったのを覚えています。


5万部の雑誌掲載も5万人のフォロワーに読まれるのも同じこと


今のご時勢、5万部も出ている雑誌なんて限られています。連載枠は決まっているんだから、簡単に連載を獲得できるわけではありません。

5万人のフォロワーに読んでもらうほうが手っ取り早いというのもよくわかります。

作品を5万人に読んでもらえるってすごいことです。ある程度ネームバリューがあればそれ以上の拡散も期待できるでしょう。


ギャグ漫画は生き残りが難しい

ページが少なくて載せやすいという意味では、ギャグ漫画に利もあると思いますが、連載を勝ち取っても単行本にならない可能性もありますからね。

ネットで人気になったほうが単行本化もされやすいと思いますし、また、実際にそうやってうまくいった先生方もいらっしゃるのも期待できるところでしょう。


最後に
出版社などがウェブに力を入れつつある昨今ですが、その多くが「単行本になったときの売上が読みにくい」 点で苦労しているように感じます。

なので、よりいっそう「ネームバリューがある」「ファンの多い」作家さんの作品ばかりが連載されるようになる可能性が高いのではないでしょうか。

ツイッターを育てておくことで、単行本化はもとより活躍の場を広げることにも繋がるのだろうなと思われます。 


教えてっ!真夢子おね~さん
田中 圭一
サイゾー
2015-08-31






→kindleマンガ「夜勤のグルメ」好評発売中です