-shared-img-thumb-AL301_nekutai0120140830125714_TP_V


「お仕事を請けた以上は期限までに、ベストを尽くした状態で納品する」

プロとして当たり前だと思いますが、自戒の念を込めて。


執筆業を続けていると、安価な仕事をしている最中に、
高価な案件を受注することもあるかも知れません。

でも、こういうときこそ、
先に請けた安価な仕事をおざなりにしないよう注意が必要です。

たとえどんなに安い原稿料でも、
一度請けた以上は投げ出さずに、最大限よいものを提供しなければなりません。

「キャパオーバーで納期が間に合わない」状況は
請けてから後だしするのはNGでしょう。

仕事をくださったクライアントに感謝していれば、そんなことにはならないと思いますが、
常に「ベストを尽くす」意識を持っていないと、どこかで油断してしまうかも知れません。

どの仕事も精一杯努めているつもりですが、
「つもり」が相手に伝わっていなければ、
それが伝わる成果物がなければ、
全く意味がないのです。

これらのことを徹底して、日々歩んでいきたいものです。


→kindleマンガ「夜勤のグルメ」好評発売中です