amazons-20160323-102155


いまのところ、アマゾンのプライム会員になっていて得しかないと思っている衣鳩久哉です。

なにせプライムビデオですよ。

ラインナップ的にはHuluやネットフリックスとの差別化が微妙なところでしたが、 最近はオリジナル番組も配信するようになって、ほかと一線を画す仕上がりになってきました。

そこで今回はクリエイター的にも参考になる注目のオリジナル番組を紹介してみます。


仮面ライダーアマゾンズ
いやもう、これだけで年会費3900円払ってもいいですよ。それくらい楽しみにしています。
冗談みたいなタイトルだけど、本当に配信されました。

当初のテイストとしてはブレイドっぽかったんですけど、だんだん独特の雰囲気がでてきました。
そこそこグロくて、スポンサーを意識したアイテムがないのもいいですな。 

配信回によって尺が違ったりするのがたまにキズですが
恐らくこれは脚本の長さは同じなんだけれど、毎回監督が違うってところに起因してるんでしょう。

脚本が小林靖子さんだし、明らかに本気で、どうやって完結となるのか気になって仕方ないですよ。

アマゾンアルファこと仁さんと、七羽さんコンビが魅力的すぎます。


デリバリーゲームコーポレーション
ナイツ塙さんと喜屋武ちあきさんの新作ゲーム紹介番組。

昔から「ゲーム王国」や「スーパーマリオクラブ」、
「ゲームWAVE」といったゲーム番組が大好きだったので期待してます。

ゲーム系だとどうしても「ゲームセンターCX」という強者がいるけれども
純粋な紹介番組として確立されてほしいなあ。 


Prime Japan -日本のこころに出会う-
オリジナル作品は、ついにノンフィクションのドキュメント番組まで。

その名の通り、さまざまな切り口で日本の魅力を伝えてくれる内容のようです。
いまは「すし」が配信されてます。

常盤貴子さんのナレーションがとても合っているし、すごい丁寧に作っているなあという印象。
「世界遺産」のスタッフが制作しているそうなので、当然かもですが。

こうやって日本を取り上げるのは、地上波でも見かけない番組な気がするので、長く続いてほしいもんです。


最後に
プライム会員とアマゾンビデオが別料金になるかもしれないという話がありましたけど、
ぜひこのままのスタイルでお願いしたい!ちゃんと通販も使うから!