tsuruno5_TP_V


どうも衣鳩久哉(@denshovato)です。

成功者たちは『やる気のスイッチ』を持っている。
山崎拓巳さんの著書「やる気のスイッチ! 」の一文です。

「どうしても集中できない」
「なぜか気持ちが乗ってこない」
ということは誰しもあると思います。

そこで活用するのがONモードに入るためのやる気スイッチ。
「これをするとやる気がでる」というトリガーは、人によってぜんぜん違うものですし
自分の人スイッチが見つかっていない人もいるでしょう。

そんな方は先日TBSラジオ「深夜の馬鹿力」を聞いていたら、
伊集院光さんが自身のスイッチについて語っていたので、参考にしてみてください。


原稿がかけないときの奥の手!

『伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!』の書籍原稿を
締め切りギリギリまで執筆していたという伊集院さん。

間に合わなきゃ絶対まずい!レベルだったらしいんですが、

コーヒー飲んでも

熱いシャワーあびても

シャッキリせず、イマイチ筆が進まなかったんだそうです。

そこで、とっておきの奥の手として用意していたのが…

全裸で書く。そしてスースーするボディペーパーで身体を拭く。

というものでした。

もともと伊集院さんは、深夜ラジオの生放送中に
「テンションがあがるとパンツ一丁になる」ことが明かされています。

だから裸になるのがひとつのトリガーになっているんですね。
その上で、メントールの爽快感でシャッキリさせる。

「スースーしたところで降りてこなければもう降りてこない」
とおっしゃっているくらいの最終手段のようです。

今回はロケ旅行中のホテルで執筆していたらしいんですが、
特大のお徳用パッケージのペーパー3つ持ってきていたとのことです。笑

その甲斐あって、魔法のように筆が乗ってきたのだとか!

締め切りはある意味ピンチなわけで、早くあがっていたほうがいいに決まっていますが、
追い込まれると一気に良いものが書けるということもあります。

自分自身のやる気スイッチがわかっていると、
ピンチがチャンスになる点は覚えておきたいものです。


しかし、ホテルの部屋とはいえ、後輩芸人の河野かずおさんが同室にいる状況での裸。

本当に最終の締め切りだったんだと思います。笑

関連:
成功者は締め切りを味方にしている - マンガ原作者・衣鳩久哉ブログ
原稿を書くのが速い人は○○が早い。 - マンガ原作者・衣鳩久哉ブログ