Photoelly060_TP_V


読んだ本が面白かったので、とりとめもなく3冊紹介してみます。

告知ばっかりのブログだけれども、たまには…。
ほかにやるべきことがある状況なので、現実逃避ともいう!


「多動力」堀江貴文

氏がこれまでに言っていたことをまとめた本です。ネットで探しまくれば原文が見つかると思うけれど、探すのが大変なので売れるという好例。実際まとまってたほうが読みやすい。すごくわかりやすく、サクっと読めるものの、漫画化もするようですw

以下、ざっくりとメモ。上を目指すなら必要な考え方だと思うので、ぜひ取り入れたいです。
  • 準備時間は無駄。今すぐ始めよう。
  • 24時間をワクワクだけで埋め尽くそう。
  • やらないことを決めると進む道が見える。
多動力 (NewsPicks Book)
堀江 貴文
幻冬舎
2017-05-27



「ブランド人になれ!」トム・ピーターズ

LINEの田端さんがオススメしていたのと、尊敬できるライターの方が読んでいたので釣られました。
2000年に出ている本なんだけど、現代でも十分通用するというか、現代人こそ読んだほうがいい!

以下、ざっくりとメモ。自分をブランドにするんや!
  • どうすれば達人の域に達することができるのか、超一流に話を聞こう。
  • 一刻値千金の連続がブランド人への道と思え。
  • ブランド人になるためにまったく役に立たないものを一つ一つ切り捨てていこう。


「そもそも『論理的に考える』って何から始めればいいの?」深沢真太郎


マンガでわかるやさしい統計学 をお手伝いしている途中、勉強もかねて読んでいた本を再読。
「考えているフリからの卒業」に、めっちゃ役立つと思います。

以下、ざっくりとメモ。マスターして論理的な人間になりたい。
  • 一番説得力のある「選んだ理由」は「それを選ぶしかない」という理由。
  • 論理的に考える=線でつながっていること。
  • ズル賢い人は盲点を見つけるのが上手い。



本当に簡単なメモしか書いていませんがw
私の読書の記録にはヤマほどメモを残しております。それくらい中身の濃い本ばかり。
意識高い系っぽい選出ですが、3冊ともビジネスで活かせる場面はたくさんあります。