シアターオーブに行きました。

いわずもがな新感線の「五右衛門ロック」です!

思ったよりもキツキツの設計で、こと観客の立場のみでいえばもっと座席にゆとりが欲しいなあと、いきなり劇場の感想ですが。

そうはいっても、中島かずきさんの世界観たるや。そんなもんを忘れさせてくれますね。

主役級の三浦春馬さんと蒼井優さんをどう魅せるかに注目していたんだけど、蒼井さんはテレビのイメージを払拭させるような役所だったし、三浦さんは今までの役柄を踏襲しつつも演技力が求められる配置になっていて、素晴らしかった。

三浦春馬さんの主演舞台はいまのところ全て観ているので、どんどんスケールアップしているのがわかるんですよ。こちとらキャーキャー言ってるだけのオバサンなんかよりぜんぜん観てるんだぜ!

もちろん古田新太さんもセリフや出番の数よりも、目立っていた印象が強く、さすがの存在感。内容もわかりやすい冒険活劇だったし、年末年始に相応しい賑やかな舞台でした。

五右衛門ロック standard edition [DVD]
古田新太
ヴィレッヂ
2009-10-09